実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】

爪噛みやリストカット

医者と看護師

過去にトラウマがある人

自傷行為は自分を傷つけることですが、爪がボロボロになるまで噛んでしまったり、頭髪や眉毛、まつ毛などを抜くのがやめられなくなったり、リストカットやアームカットなどの種類があります。自傷行為には軽い程度のものから、命を脅かす可能性のある場合もあります。自傷行為をする人の特徴を知っておきたい人が増えています。失恋や家庭不和などの過去に大きなトラウマがあったり、孤独や不安を強く感じていたり、両親や配偶者からの愛情不足なども要因になります。やりきれない気持ちを持っており、自分の体に傷を付けたり、痛みを感じることで発散をさせています。基本的には自殺をするための行為ではなく、周囲の人に助けてほしいというSOSから起こることがあります。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、辛い気持ちや不安などを聞いてもらうと良いでしょう。自傷行為は中学生や高校生などのお子様にも見られることがあるため、お子様の変化に気付いたら、早めに医師に相談をすることが大事です。お子様の場合は不安や孤独などを感じており、愛情に飢えている可能性があります。自分の体はもちろん、周囲の家族の心も傷付けてしまう病気です。過度の拒食や過食なども自傷の種類に入ります。爪噛みや髪の毛を抜くなどは、無意識にしている場合もありますが、リストカットやアームカットなどの自傷行為をしている場合は、傷が深くなってしまうと命の危険もあります。お子様や兄弟姉妹などの家族が自傷行為をしている場合は、本人を説得して精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。自傷の種類は無意識のものから、意図的に行っているケースもありますが、PTSDや双極性障害、統合失調症、境界型パーソナリティー障害が原因の可能性があります。精神疾患が原因の可能性があるため、不登校や部屋に引きこもる、感情の起伏が激しくなるなどの症状が見られたら、早めに受診させることが大事です。過食や拒食などの摂食障害などが原因で、健康面に悪影響が出ている場合も、自傷の種類に該当をします。精神神経科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法に時間を掛けてくれるため、安心して通院ができる環境が整っています。双極性障害や統合失調症などの病気は、治療期間が長引くこともありますが、現代は優れた医薬品が開発されているため、早期に発見できると社会復帰も可能です。自傷行為がやめられず悩んでいる人は、家族に付き添ってもらい、診察を受けましょう。

Copyright© 2018 実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】 All Rights Reserved.