実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】

心療内科を受診する

医者

注意が必要な症状

自傷行為を繰り返してしまう人がいます。原因は心の病という場合がとても多いです。自分を見て欲しい、誰からも見てもらえないので注目して欲しいという欲求が自傷行為に繋がってしまうということがあります。自傷行為を行えば、周りの人が心配をしてくれるので、自分に注目が集まるという気持ちになります。寂しさから解放されたいという気持ちから起こしてしまうことだと言われています。自分自身の体を傷つけることと、言葉で傷つけるという大きく分けると2つの種類があります。自分自身の体を傷つけると体だけではなく、心にも深い傷を負ってしまうことになります。手首に切り傷がたくさんある、という場合には自分の体を傷つける行為を繰り返しているということになります。言葉というのは今はSNSなどがあるので、そこで自分を否定する言葉や心配をしてもらえる発言を繰り返すことによって、注目を得るということです。色々な種類があるので、その行為は何を求めているのか、何をしたいのか、何を伝えたいのかということを把握しておくことも必要です。素人に出来ることはあまりないので、出来るだけ専門医に診てもらったほうがよいでしょう。素人が安易に近づいてしまうと、巻き込まれることになりますし、その人の行動で振り回されることもあります。心の病には様々な種類があります。自傷行為を繰り返すというのも心の病が原因になっていることが多いです。自傷行為の中でも自分の体を傷つけるという行動を起こしてしまうと、間違って命を落としてしまうこともあるので、注意をしなければいけません。自傷行為を繰り返している人は精神科にかかることを拒否することが多いです。前向きに治療をしようと考えなかったり、自分は正常だと考えている人が多いです。心の病を抱えている人の中でも自分がやっていることを理解できずにいるというのが一番危険です。家族や友人がその異常性に気付いて、精神科を受診させるという流れになることが多いです。本人の了解を得ていない場合には、入院となった場合に拒否することがあるので、医療機関にも了承を得て射ないことを伝えておく必要があります。中には完全予約制の精神科もあるので、事前に予約を行って受診をするとよいでしょう。またオンラインから問診票を記入できるようになっているところもあります。事前に問診票を記入しておくことによって、スムーズな受診が可能になります。どういう行為を繰り返すのか、メモを用意しておくのもよいでしょう。自傷行為の種類によって診断が行いやすくなることもあります。

Copyright© 2018 実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】 All Rights Reserved.