実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】

自らを傷つける心理とは

悩む男性

誰にでも起きる可能性

健全な心の持ち主からすれば、自傷行為をする人の心理について、理解しがたい内容かもしれません。しかし、自傷行為は誰にでも起こりえる可能性があるため、どんな心理状況が隠されているのか知っていて損はありません。自傷行為の種類には、リストカットや、根性焼き、自らを痛めつける行為などもあります。全てに共通する内容は、自らの存在を消し去りたい気持ちを抱いている共通点があります。逆の気持ちの中には、自らの存在感を強く感じたい気持ちを抱いている場合もあるのです。自傷行為をする人は、一見、わがままであり、自分の存在感は、それほど簡単に得られる内容では無いと思われる人もいるでしょう。その様に思われている人は、少なからず、誰かに意識され、自分の存在感を感じる機会を得ている人です。傷つける人の多くは、王様やお姫様などの特別な存在を求めているのではなく、一般的に当たり前に感じられる存在感を求めているのです。自傷行為の目的には、3つの内容が考えられます。1つは、自分の存在感そのものを消し去りたい衝動です。もう1つは、不愉快な気持ちを払拭させるため、痛みによって、不愉快な気持ちを和らげる目的です。最後は、傷つける姿を他者に気づいてもらい、意識されることで、存在感を得る気持ちです。これらの心理は1つのみで働くこともありますが、複数の心理が入り混じって働くことも少なくありません。自傷行為に走ってしまうと癖になりやすいので、病院で適切な治療に取り組むことが大切です。見た目における自傷行為の種類は、リストカットなどの自らを傷つける行為が挙げられますが、その原因となる種類には、様々な要因が存在します。心の病は、心の苦しみであり、苦しみから解放されたい原因は様々な内容があるためです。よく見られる内容としては、親からの虐待や、人から自分の存在を否定される言葉を投げかけられる場合もあります。もちろん、いじめもその一つであり、自傷行為に走る可能性を高く持ち合わせています。自傷行為予備軍の中には、摂食障害なども挙げられます。摂食障害が現れる時は、自分の存在感が希薄なのは、悪い外部の刺激が心身に入ってきたからだと錯覚を起こしていることがほとんどです。その外部刺激を外に吐き出したいという気持ちは、体にも伝わり、体を通して代理的に食べ物を外に吐き出すことで安心感を得ようとします。これはあくまでも代理的行為であり、心の底から満たされない気持ちは満足することはありません。ここから更に、自分の存在証明のために自傷行為へと歩んでしまう恐れも高いのです。自傷行為には、生活に変化が現れるような前兆があります。暗い表情は、第三者でも確認がしやすいでしょう。急に元気になる様子も、実は危険が存在します。心配をかけたくない気持ちの持ち主は、うつ状態を隠すために、元気な振る舞いを引き起こす場合もあります。家族や身近な人間のこういった異常に気がついた場合には、医療機関に相談するのが得策です。特に、精神科や心療内科といったクリニックは、家族が先に異常に気がついて相談へ赴くケースも多いのです。自傷行為に走る原因を突き止め、適切な治療を行えば、健全な生活に戻れますので、ぜひ一度相談に訪れることをお勧めします。

爪噛みやリストカット

医者と看護師

自傷行為は爪噛みや頭髪を抜くなどの、無意識のものからリストカットやアームカットなどの意図的に行う種類があります。過去に大きなトラウマがあったり、統合失調症や双極性障害などの精神疾患が原因の可能性があります。

詳しく見る

心療内科を受診する

医者

精神的な疾患というのは様々な症状がありますが、自傷行為を繰り返してしまう人の場合にはかなり深刻です。その行為の種類によっても原因を突き止めることができるので、周りの人がメモなどを取っておくと精神科も受診しやすいです。

詳しく見る

危険度が増す

悩む男性

自傷行為にはさまざまな種類があり、危険度も異なります。また、精神疾患との関係性も強く、早期受診により、専門家の治療を受けることが大事です。薬物治療のみならず、カウンセリングを重視した治療の検討も必要です。

詳しく見る

己を傷つける心の中身とは

カウンセリング

自傷の種類には、リストカットなどがあり、心の苦しみを取り除きたい気持ちから行為に走る場合もあります。自傷行為を辞めさせるためには、周りの協力が必要であり、環境を変える取り組みも重要です。時には、一緒に楽しい時間を作る心構えも必要でしょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 実は種類が多い!自傷行為について【自傷行為をする人の心理】 All Rights Reserved.